相継ぐ新しい発見:宇宙物理研究グループ




地球上での実験や理論研究で明らかになった物理法則が地球のまわりの 空間、そして宇宙全体に対して適応できることに気づくと、それが人類 にとっての、そして、あなたにとっての、宇宙物理学の誕生です。いっ たんこのことを了解すると、宇宙空間は、地上では考えつかないような 大実験上であることがわかります。

わたくしたちは、宇宙のことを大学で勉強してみたいあなたを待ってい ます。

宇宙のほとんどはプラズマと呼ばれる状態になっていて、電磁場が重要 な働きをしています。たとえば、新しい星ができる手助けをしたり、 オーロラや宇宙ジェットと呼ばれる高いエネルギー現象を引き起こしま す。電磁場は宇宙にあでやかな彩り、そしてときには爆発的な現象を、 引き起こします。山形大の宇宙物理研究グループではこのような宇宙に おける電磁気現象を研究しています。



最近の話題を一つ紹介しましょう。

日本の宇宙科学研究所が中心となって打ち上げた宇宙X線望遠鏡を使っ て、わたしたちはパルサーという天体を観測しました。すると、この天 体から光の速さの99.99…99%(9が12個続きます)にまで加速され た(ほとんど光速ですね)電子と陽電子が宇宙空間に吹き出されている ことを発見しました。この大発見のあと、これを説明する理論を作って しまいました。理論・観測両面で活発な研究室です。

研究室では少人数でゼミを行い、宇宙物理について勉強します。また、 最先端の研究にも触れられるようコンピューターを使った実習なども 行います。












苦情、問い合わせはこちらまで

メンバー紹介のページへ
宇宙研のホームページへ
物理学科のページへ
理学部のページへ
山形大学のホームページへ