ちいさな天文学者の会発足まで

1998年10月4日 日本天文学会が山形大学で開催され、それに合わせて
              この日に、天文学会公開講演会が中央公民会で開かれた。
              約330の参加者。アンケートから天文学への関心の深さ、
              さまざまな要望をがあることがわかった。
1998年10月9日 山形大学に宇宙物理学の研究室があり、この利を生かして
              市民の要望に答えるべく、ボランティア団体として本会
              の発足への呼掛けを発表(柴田)。
1998年11月17日第一回目の実践として「しし座流星群」の観測会を主催
1999年 1月(とおもわれる)発起人 18名で発足



--- memo ----
「小さな天文学者」という言葉をどこから持ってきたかはっきり
記憶していませんが、どこかで見てこれはいい言葉だと思いつかって
います。同名の会があると困るのでインターネットで検索しどうも
なさそうだということで、使いはじめました。今になって(2001.12)
再度調査したところ、1998年春の天文学会の天文教育フォーラム
「『すばる』に期待する天文普及」の報告の中で、伊東昌市氏が
小さな天文学者体験プロジェクトという言葉を使われているのを
発見しました。(1998.8.18 tenkyonet) たぶん、このあたりで耳
にしたのが記憶の片隅にあって使いはじめたのだと思います。

しばた(2001.12.09)
--- end of memo ----

10周年祝賀会での沿革

1998年10月 4日
 日本天文学会が山形大学で開催。公開講演会(330名)で天文に関する
 定常的な企画への要望がよせられた。
1998年10月 9日
 当会の発足の呼びかけ(柴田)
1998年11月17日	
 第一回目の実践として「しし座流星群」の観測会を主催
1999年 1月	
 発起人 18名で発足
2002年12月14日	
 NPO法人設立総会(2003年3月28日認証)
2003年10月 4日	
 山形大学理学部に「やまがた天文台」オープン
 星空案内人資格認定制度スタート
2005年 9月13日	
 4次元宇宙シアターオープン(山形大学1学部1プロジェクト)
2005年11月29日	
 山形大学とNPO法人小さな天文学者の会との連携協力に関する覚書締結
2006年秋	
 星空案内人TM(星のソムリエTM)資格認定制度改革全国展開(JSTモデル事業)
2009年2月14日	
 小さな天文学者の会10周年・やまがた天文台5周年祝賀会開催