4次元宇宙シアターナビゲーター養成講座の日程


4次元宇宙シアターナビゲーター養成講座は月1回の全6回を予定しています。
第1回平成19年9月22日宇宙にふれてみよう
第2回平成19年10月20日4次元宇宙シアターを操作する
第3回平成19年11月17日ナビゲーターになるために
第4回平成19年12月22日番組をつくってみよう1
第5回平成20年1月12日番組をつくってみよう2
第6回平成20年2月16日皆で上映し合おう!
*時間は午後1時〜午後4時までの3時間、場所は山形大学理学部内です。

各講座の内容

宇宙にふれてみよう
4次元宇宙シアターで使用しているMitakaについて学ぶ講座です。Mitakaを使用して天文学の基礎を学ぶほかに、Mitakaというソフトの特性や作られたきっかけなども学びます。

4次元宇宙シアターを操作する
やまがた天文台にある4次元宇宙シアターを用いて、Mitakaの操作方法を実践的に学習します。そして、Mitakaの中を自力で操作できるようになることを目標とします。宇宙空間を自由に飛び回り、様々な惑星や銀河を訪れることができます。

ナビゲーターになるために
現役のプラネタリウム解説員の方から、ナビゲーターとなるための解説のノウハウや、番組制作を行う際のコツなどを学びます。4次元宇宙シアターという枠に縛られず、大きな視野を持って学習します。

番組をつくってみよう1
どのように宇宙を旅したら面白いかなど、Mitakaを使った番組制作についての基礎を学びます。そして実際に、いくつかのテーマからグループを作り、実際にMitakaに触れながら、短編番組の制作を目指します。

番組をつくってみよう2
第4回に引き続き、短編番組の制作をグループごとに行います。第4回で制作途中だった番組をより具体化し、台本制作を目指します。そして、その台本を上映するための練習を行います。

皆で上映し合おう!
第4回、第5回で制作した番組の上映会を行います。様々な宇宙の姿や、表現方法に触れ、上映者として、時にはお客様として、意見交換を行います。

トップページに戻る