4次元宇宙シアターナビゲーター養成講座


4次元宇宙シアターナビゲーター養成講座って?

「4次元宇宙シアターナビゲーター養成講座」は、4次元宇宙シアターを使用し、フルカラーの立体画像で太陽系から数億光年にまで広がる膨大な宇宙を体感することができます。この講座は星や宇宙の世界を楽しみたいと思っている皆さんと作り上げていくものです。皆で意見を出し合いながら、宇宙への理解を深め学習し、その経験を活かして番組制作や番組のナビゲート、上映までを行います。
この機会に沢山の人々とふれあい、宇宙を見つめながらそれを表現してみませんか?
そして宇宙のナビゲーターとなってボランティア活動をしてみませんか?
皆様の参加を心よりお待ちしております。


Mitakaって?

やまがた天文台の4次元宇宙シアターはMitakaというソフトウェアを使用しています。Mitakaは国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトで開発されたものです。
天文学の様々な観測データや理論的モデルを見るためのソフトウェアでもあります。地球の果てまでを自由に移動して、宇宙の様々な構造や天体の位置を見ることができます。

講座日程 申し込み用紙を ダウンロードする お問い合わせ

講座に関して
時間午後1時~4時
対象高校生以上
場所山形大学理学部
料金無料
人数15名
お申し込み2007年8月1日~31日

*大変勝手ながら、受講人数が15名を超えました場合、抽選とさせて頂きます。あらかじめ、ご了承ください。
リンク
4次元宇宙シアターナビゲーター養成講座は、
2007年度 独立行政法人 科学技術振興機構 『地域科学技術理解増進活動推進事業 機関支援活動』の支援を受けています。