4次元宇宙シアターが
やまがた天文台にオープン

「今夜はちょっと宇宙散歩」
眼前に繰り広げられるフルカラー立体映像が あなたを宇宙空間に連れ出します。
手でつかめそうな星々が眼前に現れます。 火星の山や谷の間をぬって宇宙旅行する気分も味わえます。

【特徴】

【経緯】
やまがた天文台は山形市に2003年10月にオープンした 公開天文台です。 国立大学法人山形大学 (学長、仙道富士郎)と NPO法人小さな天文学者の会 (理事長、柴田晋平)が共同で運営しており、市民が天文学者と連携して運営する 全国でも珍しい天文台です。
小さな天文学者の会は、 国立天文台で始まった 4次元デジタル宇宙プロジェクト にいち早く注目し、 やまがた天文台でのサービス向上の切札として導入を検討しました(2004年1月)。 投影設備は、 山形大学1学部1プロジェクトに応募(代表、理学部長 加藤静吾) し 2004年度採択されました(300万円)。 映像ソフトは 4次元デジタル宇宙プロジェクト から提供を受けることになりました。 小さな天文学者の会では 2004年秋から2005年夏にかけて立体映像の実験、 一般公開番組の制作などの研究を続け、このたびの一般公開となりました。

【案内】
■日時:毎月最終の土曜日
(一回目:19:15-20:00、二回目:20:15-21:00)(夏時間、4月-9月)
(一回目:18:15-19:00、二回目:18:15-20:00)(冬時間、10月-3月)
なお、毎週土曜日の星空ガイドツアー(星座観察と望遠鏡による観察)はこれまで通り行っています。
■場所:やまがた天文台
山形市小白川町 1-4-12、山形大学キャンパス内
■事前予約が必要です(一回の上映の定員は10名です。)
電話 023-628-4050 月-金:9:00-17:00、山形大学インフォメーションセンターまで
上映月の1日から予約を受け付けています。
■参加料 (資料制作費、運営維持費としてお願い致しております。)
高校生以上 500円、小中学生 300円、(※対象学年は小学4年生以上です。)
・その他
上映5分前には受け付けを済ませて下さい。

【クレジット】
やまがた天文台国立大学法人山形大学NPO法人小さな天文学者の会 が共同して運営しています。
やまがた天文台「4次元宇宙シアター」の投影ソフト Mitaka および そこで使用される画像は、 国立天文台 4次元デジタル宇宙プロジェクト (4D2U)から提供を受けています。
やまがた天文台「4次元宇宙シアター」で使用する投影設備は 山形大学1学部部門1プロジェクト経費によって購入されました。

2005年9月13日
NPO法人小さな天文学者の会