やまがた天文台の利用の指針



天文台公開の目的
・宇宙を見て、感じて、楽しむ環境を日常的に提供する。
・宇宙をとおして自然科学の考え方や最先端のサイエンスの成果を市民に伝える。
・次世代を継ぐ子供たちへの教育、生涯教育の場を提供する。
・星空の持つヒーリング効果を活用して市民の憩いの場を提供する。

天文台の使い方の指針

現在のところ利用のタイプは、
・「一般公開」、
・「NPO法人小さな天文学者の会員の利用」(以下、単に「会員利用」と書きます)、
・「教育・研究利用」
の3つです。

「一般公開」は、誰でも利用・参加できるものです。一般市民対象ですから、 「星空案内人」[定義は、(注1)参照]がついて、日時を決めて利用します。 現在は毎週土曜の「定期・一般公開」と、学校の理科クラブ・クラス、公民館行事、 町内会行事、等まとまった人数で予約していただく「グループ・一般公開」 を実施しています。 一般公開の実施はNPO法人小さな天文学者の会と山形大学理学部の承認事項です。

「会員利用」は特に日時を定めずいつでも会員に天文台を 利用していただくものです。 星空案内人は文字通りいつでも利用できます。星空案内人の資格のない会員は 星空案内人による指導・付き添いが必要です。「会員利用」については家族会員も 会員同様の利用ができます。
(「一般公開」中でも「会員利用」をしていただいて構いません。 例えば、15cm望遠鏡で「一般公開」をしているときに、「会員利用」でミード望遠鏡 を使うことは差し支えありません。 「会員利用」で、装置の利用が「一般公開」と重なったときは 「一般公開」にお譲り下さい。 このときは競合するという風に見ないで、 むしろ交流するようにしていただくとなお結構です。)
(会員利用で会員が引率する一般市民、例えばおともだち(非会員、 非家族会員)が少数であれば加わることができます。一般公開に見なせますので 参加費はいただくことになっています。詳しくは 参加料についてをご覧下さい。

「教育・研究利用」では、天文学の教育や研究、天文の教材開発のために 利用する者です。 実施の責任者は、 山形大学宇宙物理系の教官で観測装置についてよく理解している者か 星空案内人の資格を持つ者です。
上記指導者のもとで学生が指導を受け研究を行います。
日時については突発天体など時間がかぎられた重要な研究以外は、 「一般公開、会員利用」を優先してください。 特定の事象が対象で競合するときは事前にNPO法人小さな天文学者の会と 相談して下さい。
「教育・研究利用」については 報告書を担当教官およびNPO法人小さな天文学者の会に提出する義務があります。 (出版された報告論文、紀要、あるいは、NPO法人の会報等に出版したもの のコピーを提出下さい)。

まとめの表
タイプ運用責任者参加者時間や方法など
定期・一般公開星空案内人一般市民毎週土曜の公開時間
グループ・一般公開星空案内人一般市民予約した日時にグループで利用
会員利用星空案内人会員・および家族会員 星空案内人の資格を取得した者はいつでも利用できる。
会員・家族会員は星空案内人の指導の下であればいつでも天文台を利用できる。
会員の引率する一般市民が少数加わることができるが、参加費は必要である。
研究・教育利用大学教員
星空案内人
特定しない 宇宙物理系大学教員あるいは星空案内人による研究・教育・教材研究の ための利用。
結果の報告義務がある。
星空案内人の資格のない者が指導するときは、 事前に使用方法の説明を受け、 適切に運用しなければならない。


星空案内人
ここでいう「星空案内人」は、 星空案内人資格認定制度運営委員会が設けた資格試験に合格し、 星空案内人の資格認定を受けたもので、なおかつ、やまがた天文台 サポーターとして「やまがた天文台の星空案内人」としての登録を行った者を言う。 審査基準などは同委員会のホームページを参照。 また、「やまがた天文台の星空案内人」としての登録を希望するときは 「やまがた天文台」にてご相談ください。

4次元宇宙シアターの運用について
4次元宇宙シアターは以下の4つの形態で運用する。

タイプ運用責任者時間や方法など
一般公開
(定期)
劇団4次元
団員
毎月最終土曜の公開時間
一般公開
(グループ)
劇団4次元
団員
予約した日時にグループで利用
研究・教育
利用
大学教員
劇団4次元
団員
大学教員あるいは劇団4次元団員による研究・教育・教
材研究のための利用。結果の報告義務がある。使用者は
事前に使用方法の説明を受け、適切に運用しなければな
らない。
運用業務劇団4次元
団員
機器の設備、上映の練習など。
 ※一般公開は有料とする。(一般:500円、中学生以下:300円)
但し、会員および家族会員は上記金額から200円引き。
 ※劇団4次元は、NPO法人小さな天文学者の会の中に設けられた4次元宇宙シアター
を運用するためのサブグループである。