これまでのおしらせ



ゆかたで天文台が開催されます!


(写真をクリックするとチラシがダウンロードできます。)

毎年恒例の「ゆかたで天文台」は、今年は小白川キャンパスで開催されます。
浴衣や甚平でお越しのお客様には通常200円のガイドツアー費が無料になります。
当日は、更衣室と着付けの担当者をご用意しますので、着付けが出来ない方でも気軽にご参加いただけます。

◆日時:平成28年7月2日(土曜)
 午後19時00分から21時15分
(最終受付は20時15分)

◆場所:やまがた天文台 (山形大学小白川キャンパス インフォメーションセンター受付) 

◆予約不要、入場無料(浴衣や甚平以外の服装でお越しの方以外は200円)

◆当日は、四次元宇宙シアターの特別講演も同時開催されます。また、 短冊に願い事を書いて飾ることもできますので、天気が悪くても充分楽しんでいただける内容となっています。

◆お問い合わせは こちらまで。

七夕の夜はぜひ、一緒にゆかたで星空散歩を楽しみましょう!!

ゆかたで天文台の際の忘れ物をひとつお預かりしています。 お心当たりの方は天文台023-628-4050まで
(写真をクリックするとチラシがダウンロードできます。)

毎年恒例の「ゆかたで天文台」は、今年は小白川キャンパスで開催されます。
浴衣や甚平でお越しのお客様には通常200円のガイドツアー費が無料になります。
当日は、更衣室と着付けの担当者をご用意しますので、着付けが出来ない方でも気軽にご参加いただけます。

◆日時:平成27年7月4日(土曜)
 午後19時00分から21時15分
(最終受付は20時15分)

◆場所:やまがた天文台 (山形大学小白川キャンパス インフォメーションセンター受付) 

◆予約不要、入場無料(浴衣や甚平以外の服装でお越しの方以外は200円)

◆当日は、四次元宇宙シアターの特別講演も同時開催されます。また、 短冊に願い事を書いて飾ることもできますので、天気が悪くても充分楽しんでいただける内容となっています。

◆お問い合わせは こちらまで。

七夕の夜はぜひ、一緒にゆかたで星空散歩を楽しみましょう!!

「宇宙最前線講演会のおしらせ」


今年も山形大学で宇宙最前線講演会を開催致します。

講師:関口芳弘(国立研究開発法人理化学研究所)
日時:2015年6月6日(土) 13:30開場 14:00開演
場所:山形大学小白川キャンパス理学部大講義室

入場は無料です。パソコン筆記もありますので、聴覚に障害のある方もぜひご参加ください。
会場はバリアフリーとなっており、優先駐車場もございます。

ゆかたで天文台のお知らせ

毎年恒例の「ゆかたで天文台」は、今年は小白川キャンパスで開催されます。
浴衣や甚平でお越しのお客様には通常200円のガイドツアー費が無料になります。
当日は、更衣室と着付けの担当者をご用意しますので、着付けが出来なくても浴衣を持参して頂ければ参加することが出来ます。

◆日時:平成26年7月5日(土曜)
 午後19時00分から21時15分

◆場所:やまがた天文台 (山形大学小白川キャンパス インフォメーションセンター受付) 

◆予約不要、入場無料(浴衣や甚平以外の服装でお越しの方以外は200円)

◆当日は、四次元宇宙シアターの特別講演も同時開催されます。それに加え、 短冊に願い事を書いて飾ることもできますので、天気が悪くても充分楽しんでいただける内容となっています。

◆お問い合わせは こちらまで。

七夕の夜はぜひ、一緒にゆかたで星空散歩を楽しみましょう!!

●山形大学中期計画ハンドブックに小天と大学の連携が掲載されました。

山形大学が発行している大学中期計画のハンドブックの中で、大学の社会 連携活動のひとつとして、理学部とNPO法人小さな天文学者の会の連携が 紹介されました。天文台の活動、星空案内人制度などが紹介されています。
ハンドブックのページ

●やまがた天文台(山形大学理学部屋上)における放射線量については、 こちらをごらんください。(2011年6月13日)

宇宙最前線講演会のお知らせ


2014年5月31日(土曜日)14:00より、理学部先端科学実験棟 4階 大講義室において、 宇宙最前線講演会を開催致します。詳しくは、以下の広告をご覧ください。

(クリックすると拡大表示されます。)
PDF版はこちら

県立博物館「天文学講座開催」のお知らせ
タイトル:星空の楽しみ~だれでもできる星空案内の仕方~

日時:平成25年2月10日(日曜)午後1時30分から3時30分
場所:山形県立博物館講堂
講師:柴田晋平(山形大学理学部・教授)
無料講座です。詳しくは チラシをご覧ください。


●【震災の影響で避難されているみなさんへ】
望遠鏡キットを組み立ててすぐ月を観る工作教室、 小さなお子さんでも楽しめる宇宙を感じる簡単工作教室、 宇宙を体感できるシアターなど、家族で楽しめる内容を盛りだくさんの特別企画を準備しました。
みんな遊びに来てね。


☆望遠鏡を作って月を観る
望遠鏡キットを組み立てて実際に月を観察します
口径4センチの小さな望遠鏡ですが、
さてさて、その望遠鏡を覗いてみるといったいどんな世界が広がっているのでしょうか
望遠鏡の作り方や操作のコツなど、すべて詳しく丁寧に説明いたします
作った望遠鏡はそのままプレゼントします

☆飛び出す四次元宇宙シアター
フルカラーの立体映像で宇宙旅行にでかけよう!
太陽系から百億光年にまで広がる膨大な宇宙を体感できる立体視シアターです
3D映画のようですが、実はライブで画面操作と解説を行いますよ

☆きらきら宇宙工作教室
回折格子を利用した特殊なフィルムを使用して、きらきら万華鏡をつくろう
好きな色で塗って星座カードをつくろう
世界にひとつ!自分だけのmy星座早見板をつくろう
ちいさなお子さんでも楽しめる、宇宙を感じる簡単工作教室です

日時:2012年10月27日(土)午後3時から午後6時まで(午後2時半開場)
会場:山形大学理学部サイエンスプロムナード
対象:山形に避難されているお子さんとその家族
参加費:無料
申込不要 ※望遠鏡キットは先着20名さまになります
無料駐車場あります(駐車場への入り口は二つあります)
詳しくはチラシをダウンロードしてね!


主催:NPO法人 小さな天文学者の会
共催:山形大学理学部

お問い合わせ先
実施担当者Eメール(熊谷): ngc6705.navi(あっと)gmail.com
小さな天文学者の会Eメール: shoten_yamagata(あっと)yahoo.co.jp
※(あっと)は@にしてください


●「”対談 天地明察  脚本家 加藤正人さん×天文学者 渡部潤一さん、コーディネーター 柴田晋平さん”開催のお知らせ」

このたび角川映画/松竹により、日本初の暦を作り、国立天文台の前身でもある徳川幕府初代天文方、安井算哲(のちの渋川晴海)を描いた映画”天地明察”が9月15日に封切られることになりました。
アカデミー受賞作”おくりびと”の滝田洋二郎監督、原作 冲方丁、音楽 久石譲、主演 岡田准一、他、宮崎あおい、佐藤隆太、中井貴一、松本幸四郎といった豪華キャストにより、スクリーンではかつて見たことのない”江戸時代の天文の世界”が、壮大なスケールで描かれている感動作です。
公開を記念して、小さな天文学者の会では、映画ファンの皆様にも、より天文の魅力を知っていただけるように、フォーラム山形様と協力・協賛し、脚本を手がけられた地元、東北芸術工科大学加藤正人教授と、マスコミ等でご活躍の国立天文台副台長、渡部潤一教授のお二人をゲストにお招きし、小天理事長、柴田晋平教授のコーディネイトにより、エンターテイメントとサイエンスの両面から見た天地明察をテーマにした対談を、していただくことになりました。江戸時代の天文へタイムスリップして、どんな楽しいお話が飛び出すやら!どうぞ、みなさま、振るってのご参加、お待ちいたしております!

日時、2012年9月17日(月曜、祭日)16時より
会場、フォーラム山形
くわしくはこちらをご覧下さい


「アンデスの人々は星をどう見ていたのか?」
星空大好きなあなたに
~宇宙と考古学が織りなす謎の世界~

講演:坂井正人
    (山形大学人文学部教授)
要旨: [考古学遺跡と民間伝
承に関する現地調査より]

マチュピチュ、ナスカの地上
絵、チャンチャン。これらの
遺跡を建設した人々は、熱心
に星を観測していたことが分
かっています。彼らは星をど
のように見ていたのでしょう
か。現地調査の成果を交えて
お話したいと思いま
す。(by 坂井正人)
      
なんと! 講演の後、
    みんなでグランドに出て
    ナスカの地上絵再現します!

日時:2012年6月9日(土)14:00~17:00(13:30開場)
会場:山形大学小白川キャンパス理学部大講義室
対象:一般 入場無料、予約不要

問い合わせ先: shoten_yamagata(あっと)yahoo.co.jp
(あっと)は@にしてください。

ゆかたで天文台

2012年7月7日(土)は七夕です。
七夕と天文台一般公開が重なるこの日は「ゆかたで天文台」を開催します。
七夕の夜をゆかたで一緒に楽しみましょう!
日時: 2012年7月7日(土)
    19:00~20:15(受付終了)
場所: 山形大学小白川キャンパスインフォメーションセンター受付
くわしくはこちらをご覧下さい

311星空プロジェクト@やまがた天文台
みんなで灯りを消して星空を見上げてみませんか?
小さな天文学者の会とやまがた天文台は「311星空プロジェクト」に賛同しライトダウンを呼びかけ特別企画を開催します
日時:3月11日(日)
場所:山形大学理学部
スケジュール
★星空観望会(金星・木星を見よう)★
時間 18:00-19:30
場所 山形大学正門ロータリー付近
★4次元宇宙シアター上映★
小惑星探査機「はやぶさ」の物語『ぼくの宝物』
時間 19:45-20:15
場所 山形大学理学部サイエンスプロムナード
★やまがた天文台で観察会★
時間 20:30-21:30
場所 やまがた天文台(山形大学理学部屋上)
予約不要・入場無料です
駐車場がありませんのでお車でのおこしはご遠慮ください


http://311hoshizora.jp
やまがた天文台は 「311星空プロジェクト」を応援しています

●7月2日(土)は「ゆかたで天文台」です。
浴衣または甚平を着て天文台に来ると参加費が無料!
四次元シアターや七夕講演会なども開催します。
詳しくはこちらのチラシをご覧下さい。


●5月14日~6月12日特別展示をしています。
ちらしダウンロード(pdf)
ちらしダウンロード(jpg)


●小惑星探査機「はやぶさ」関連イベントについては
こちらをごらんください。


●ゆかたで天文台のお知らせ

2010年7月3日(土)の天文台一般公開は「ゆかたで天文台」を開催 します。
浴衣または甚平で来場された方はガイドツアー料金が無料!
他にも七夕講演会や四次元宇宙シアター、短冊に願い事を書いて飾るコー ナーも用意します。
押し入れに眠っている浴衣を引っ張り出して天文台に行こう!
詳しくはこちら(PDF形式: 1.07MB)



●宇宙最前線講演会「宇宙(そと)にでてはじめてわかる地球(うち)のこと」

講師:阪本成一(JAXA|宇宙航空研究開発機構)
日時:2010年4月24日(土) 午後2時より(午後1時30分開場)
場所:山形大学小白川キャンパス 先端科学棟大講義室
入場無料、予約不要

すばらしい映像を見せてくれた月周回衛星「かぐや」、金星大気の謎にせまる最新の金星探査機「あかつき」など、 日本の探査機は世界に誇る成果をあげ続けています
宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙科学研究本部に所属されテレビや天文雑誌等でおなじみの 阪本成一氏が探査機の歴史から最新の惑星探査まで熱く楽しく語ります。
ぜひ、ご来場下さい!

●「わたしはどこからやってきた?」4次元宇宙シアター番組
シベールアリーナにて上映
2010年2月20日(日曜)
(13:30会場)開演14:00- (15:00まで)

当日会場にてチケットを御購入ください(500円)。
プレゼントなどのためには予約チケット販売しています。023-628-4552まで。

サイエンスとアートのはざまで自分のルーツをさぐる
「わたしはどこからやってきた?」
の特別上映です。
特設ページにもおいでください。

● 4次元宇宙シアター特別上映
サイエンスとアートのはざまで自分のルーツをさぐる
「わたしはどこからやってきた?」
の特別上映です。
※平成22年1月23日(土)追加上映決定しました!!
いずれも 19:15から一回上映(45分間)です。
御予約は 023-628-4050まで
特設ページにもおいでください。

● 4次元宇宙シアター特別上映
サイエンスとアートのはざまで自分のルーツをさぐる
「わたしはどこからやってきた?」
の特別上映です。
9月12日(土曜)、10月17日(土曜)、11月14日(土曜)、12月12日(土曜)
※平成22年1月23日(土)追加上映決定しました!!
いずれも 19:15から一回上映(45分間)です。
御予約は 023-628-4050まで
特設ページにもおいでください。

宇宙にささやく、ジャズコンサート
※平成21年12月20日(日)の山形新聞朝刊に掲載されました。 記事はこちらです

~宇宙の時間、人間の時間~

天文台からのクリスマスプレゼント、 プロのジャズシンガーであり科学プロデューサー でもあるKetty-Kさんを お招きして、宇宙にジャズでささやきかけます。
ホスト役は神秘絵(やまがた天文台)。宇宙のときの流れと人間のときの流れを 描き出す演出を試みます。 ジャズと宇宙を楽しむ時間をともにしませんか。

2009年12月15日(火曜)
山形大学インフォメーションセンター
時間 18:30~(18:00開場)
予約申込 023-628-4050 (月~金10:00-16:30)
入場無料




●7月4日(土)はゆかたで天文台!
浴衣または甚平でお越しのお客様はガイドツアー無料!
他にも四次元シアター無料開放や短冊に願いを書いて頂けたりと、曇りでも楽しめます。
星のソムリエ®と一緒に七夕を浴衣で楽しみましょう!
★詳細はこちらから (PDF形式:1.36MB)
世界天文年2009日本委員会の公認イベントとして採択されました。


●光速実感タイマーつくりました
みんなで懐中電灯で光を宇宙にむけて発射します
実際にその光がどのように伝わっていくかを実感するためのソフトウェア(speedOfLight)です
★ダウンロードはこちらから

●NPO法人小さな天文学者の会発足10周年・やまがた天文台5周年記念行事
宇宙最前線講演会 「ガリレオの見た宇宙」
講師:渡部潤一(国立天文台)
日時:2009年2月14日(土) 午後2時より(午後1時30分開場)
場所:山形大学小白川キャンパス 先端科学棟大講義室
入場無料、予約不要
2009年はガリレオが望遠鏡を使って初めて宇宙を見てら400年の記念の年です。
世界天文年として世界中でお祝いされます。
そして、その後発展した現代の天文学を、テレビや雑誌等でおなじみの 渡部潤一氏(国立天文台)が語ります。
ぜひ、ご来場下さい!
★チラシのダウンロードはこちらから

● ハイビジョンによる「かぐや」講演会のおしらせ
月面探査衛星「かぐや」の講演会をやります。 ハイビジョン映像を写せる大型プロジェクターを 持ち込んでの講演会です。最新の月の研究や 迫力ある映像をお楽しみにください。
タイトル:月探査衛星「かぐや」による最新研究成果
   ~月面ハイビジョン映像で見る~
講師:加藤學(宇宙航空研究開発機構/教授)
日時:2008年10月20日(月曜) 16:30-18:00
場所:山形大学小白川キャンパス 教養教育2号館 222番教室
入場無料、予約不要、かぐやグッズ進呈
問い合わせ:023-628-4133

ちらしのダウンロード
講演会修了後、小さな天文学者の会のみなさんとは懇親会を計画しています。

● 星のソムリエ講座のマネージャを募集します。
全国的なライセンスに成長した星空案内人養成講座「やさしい宇宙講座」 の運営をやってみたいかた大募集。8月25日までにハガキで応募。 (謝礼:年間5万円です。) 募集要項はこちらです。※募集は終了しました。

●第12期「やさしい宇宙講座」(2008年秋開講) 受講生募集は終了しました。
次回の開講は来年春の予定です。お楽しみに!!

● 7月5日(土)は「ゆかたで天文台」でした。
七夕飾り、星空ガイドツアー、4次元宇宙シアター、かみしばい、その他で賑わいました。

※朝日新聞山形版(7月6日掲載)より

● 7月5日(土)は一般公開で「ゆかたで天文台」を開催します。
ゆかたで天文台に来て、短冊に願いを書こう!
浴衣で来場の場合、ガイドツアー参加料が無料!
当日は「四次元宇宙シアター」の短縮版(20分)の無料上映も行いま すので、曇りでも楽しめます。
詳しくは、チラシ(PDF形式)をご覧下さい。

● 星空案内人(星のソムリエ)制度の研究会 を開催します。くわしくは、 星空案内人資格認定制度の ホームページ を御覧ください。

●「星空案内人」サイエンスアゴラで発表)

●「星空案内人になろう!」(技術評論社)好評発売中です!!

● 8月30日 板垣さん、超新星発見の業績で山形大学名誉博士に!
板垣さんは山形市在住の超新星発見の名人。天文学的に重要な発見も あり最近Nature 誌に論文を発表。また、山形の文化的ヒーローとして 宇宙を愛する市民の活動の励みにもなっている。これらの業績から、 このほど山形大学は板垣公一さんに名誉博士号を授与しました。 授与式は 8月30日15:30より開催されました。(下の写真)
(写真2)

●「Study Room -星と宇宙の勉強会-
日時:毎月第2土曜日
場所:理学部棟1Fサイエンスプロムナード
費用:教科書代など860円
予約は必要ありません。
お気軽に御参加ください。