[ページの先頭です]

ページ内を移動するためのリンクです。


[ここから本文です]

「望遠鏡を作って、観る」体験学習会で準備するもの

完全バージョン:産業科学館、理科クラブ、教員研修、事前講習会など

短縮バージョンはこちら

主催者で準備するもの

工作室、普通教室など 工作のできる台(テーブル)。普通教室の椅子と机でも問題ない。
日没前からスタートするときは暗幕などで部屋を暗くできる必要がある。
望遠鏡部品をいれるための菓子箱のようなもの 製作キットの部品を一旦、箱にいれます(部品を無くすのを防ぐため)。
参加者各自に、15cm から 30cm 程度の大きさの箱(右図)を準備させてください。
カメラ(ビデオ)三脚 手持ちではブレて観察は不可能です。
カメラ・ビデオの三脚を持参ください。望遠鏡は三脚に取り付けて見ます。 ※倍率が高いので手持ちでは見られません。
(三脚をお持ちでない方がいらっしゃるときは、主催者で不足分をできるかぎり準備してください。 三脚が無いためにせっかく作った望遠鏡で観察できないという方が出ないようご協力お願いします。 当会でも3,4台は準備できますので必要なら事前にお申しつけください。)

小さな天文学者の会で準備するもの

望遠鏡キット 望遠鏡キットの必要数を事前にお知らせください。 当日になっての数個の変更は対応できます。
(産業科学館行事などでは、事前に参加者を募集し必要数を確定します。)
(必要数+予備3セット)

規格
オルビイス株式会社 (tel 06-6762-1538 fax 06-6761-8691)製
スピカ(口径4cm望遠鏡 製作キット;f=42cm, アイピースK-12mm
定価:2800円

消耗品
  • セロテープ(数量=人数÷2+予備、程度準備)
  • ビニルテープ(数量=人数÷2+予備、程度準備)
  • セメダイン(透明タイプのボンド)(数量=人数÷2+予備、程度準備)

    木工ボンドやペーパーボンドは不適

  • はさみ(数量=人数÷2+予備、程度準備)
  • ウエットティッシュあるいはティッシュペーパーを濡らしたもの(セメダインを拭きとるとき使用)(数量=班の数、テーブルの数、程度)
実験1のセット ミラクルミラー、尖った鉛筆(1セット+予備)
実験2のセット フレネルレンズ(スタンド付)
被写体(おもちゃなど)
懐中電灯(+電池) (1セット)
説明用パネル ガリレオの肖像、凸レンズ、凹面鏡、実像
指導者用機材 完成した望遠鏡、まだ作っていない望遠鏡 (クラス数分準備)
資料 必要に応じてお持ち帰り資料 (望遠鏡の歴史、説明図、当日の夜空、など適宜当日のスタッフで企画して準備する。)
その他 三脚がない人のための貸出用の三脚
必要に応じて、天文台パンフ、小天パンフ、入会セット、近日のイベントのちらし、認定書、参加者名簿など

オプション:雨天・曇天対応としてスライド上映を実施する場合

主催者で準備するもの

スライドを上映する部屋 工作をした部屋と同じで構いません。(広い部屋に移動してもOKです)
パソコンの接続できる液晶プロジェクタとスクリーンをご準備ください。 (準備ができないときは当会にお申しつけください。)

小さな天文学者の会で準備するもの

パソコン スライドや動画を出せるパソコン
ソフト スライドショー、ステラーナビゲータ、ほかの動画、映像など (当日のスタッフで適宜企画して準備。)
[本文はここまでです]
[ここからフッターです]
[ページの終わりです]