[ページの先頭です]

ページ内を移動するためのリンクです。


[ここから本文です]

月食のしくみ




まず、地球の昼と夜について
太陽の光が地球に当たっています。
陽があたっている面が昼間。
その裏側、つまり、陽の当たらない側が夜です。
地球が自転するため、昼と夜がくり返します。一回の自転は24時間です。

地球のかげ
下の図をみてください。
太陽の光が地球に当たり、地球の影が宇宙空間に長く尾を引きます。
月は地球の周りを回っています。
月が運動するうちに、地球の影に入ることがあります。
「地球の影が月に落ちる、」といってもかまいません。

地球の影に月が入ると、
月が欠けてみえます。
これが月食です。

(太陽、地球、月の全体的な位置関係は こちらの図が参考になります。)
地球から月をみると、月に地球の影が落ちると下の図のように、月が欠けて見えます。

バックが真っ暗なので、月以外のところでは地球の影はバックと区別つきません。
(図の紺色のところと黒とは実際には区別できません。)
[本文はここまでです]
[ここからフッターです]
[ページの終わりです]